+86-13606300512
ホーム / ニュース

毎日足に履く靴についてどのくらい知っていますか。今日の編集者はみんなと一緒に勉強します。これらをマスターすることは、将来的に靴をよりよく選ぶのに役立ちます。以下では主に4つの方面から紹介します。


まず、靴の表面


靴の全体的な外部物品の総称。これには、腸部分、前ベルト交差カーカス部分、舌、交差腸、中間ベルトの内側及び外側部分、後カバー部分、口巻棒部分及びゴムベルト部分が含まれる。


1、胆嚢部分。


靴の真上の部分(つまり人の足の背中の部分)は、靴のくぎの部分の中で最も突出している部分です。一般的に、高品質な革の製造とデザインの変化は靴の内臓によって表現されています。


2、フロントベルト側カーカス部分。


胆嚢の両側に位置し、内側と外側に分けて測定し、その底部は靴底に接着され、上部は胆嚢に接続され、両側は人の足の前部に包まれている。人体が加えた最大圧力のため、靴の快適さを最も反映する部位は最も品質問題が発生しやすい。


3、靴の舌の部分。


接続部分とは、胆汁が人の足の後部に伸びている部分を指す。舌の働きは人の足の甲に密着して抜けにくい一方で、甲を美化する役割を果たしている。靴の舌の外観の線が滑らかであるかどうか、造形が整っているかどうかは、靴の全体的な精神を体現している。


4、横内臓)舌と内臓をつなぐ横飾り帯は、次のような役割を果たす。


靴の内臓と傾斜した体の間を覆う継ぎ目。


横胆のデザインの変化は、靴に竜眼を描くのに役立ちます。


さらに患者の足を絞め殺し、抜けにくくした。


5、腰部区域内外の仲介ヘルプ(人の足の内側の足のくぼみと外側の足のくぼみ部分に位置し、人の足の中部を快適に包み、前仲介ヘルプ、後カバー、底部を接続し、上下の役割を果たす。


6、裏蓋部材。


人体のかかとの形状に応じて人体のかかとの部分を円形に包む。一方で、かかとを包むことは容易には外れないが、一方で、「足の擦り傷」を避けるために、包むのはあまりきつくない。今は裏地のないものが大流行しています。足を踏むことができて、足を履きにくいです。裏地のあるものは歩けない。形はきれいですが、足を履きやすいです。


7、スクロールバー:包装の縁のように


靴底を包み込んで皮膚を露出させ、口部を切断し、皮膚を急速に摩耗させにくくするとともに、靴の伸び変形を防止する。一般的には、長方形の薄い革にカットされたり、耐摩耗PUに包まれて靴の口を切断したりするため、「ノズル巻き棒」、通称「ノズル巻き棒」と呼ばれています。


8、ゴムテープ部分。


余分な張力と内部張力、外部張力は靴舌の両側に位置し、内部張力は靴舌の内部と靴芯の組み合わせに位置し、目的は靴の弾力性を高め、履きやすく、足から脱落しにくいことである。